Postmanでアクセストークンを使いまわしたい

Postman

Postmanで認証ありのAPIをリクエストするときに、ログインAPIで取得したアクセストークンを、ヘッダーのAuthorizationに追加する必要がありますが、毎回アクセストークンを入力するのは大変です。
自動で設定するようにした時のメモです。
※Bearer認証

アクセストークンを使い回す

  • ログインAPIのTestを開く
  • 後述のトークンを得するコードを記述する
  • ログインAPIを実行。トークンがグローバルに保存される
  • Globaltoken | Bearer xxxx...と登録されていればOK
  • {{token}}で使用可能

トークンを取得するコード

ログインAPIを一度実行してみて、トークンがどこにレスポンスされているかを確認する

レスポンスのHeadersにAuthorization Bearer xxxx....と表示されている場合

let ok = responseCode.code === 200

//ログイン成功
if(ok){
    //tokenセット
    pm.globals.set('token', responseHeaders.Authorization)
}

Bodyにトークンがレスポンスされている場合

let json = JSON.parse(responseBody)
let ok = responseCode.code === 200

//ログイン成功
if(ok){
    //tokenセット
    pm.globals.set('token', 'Bearer ' + json.token)
}

参考サイト

API開発・テスト便利ツール Postmanの使い方メモ - Qiita
基本的に直感的に使えるPostmanですが、Collection、Test、環境変数、Pre-request Scriptの使い方とかあまり理解してなかったの調べたメモ。 やりたいこと 私がやりたいことはおおよそ下記のようなもの...
Postmanでログイントークンを環境変数に保存する
Postmanで取得したログイントークンを保存するAPIではログイン時に取得したトークンをリクエストにつけて送る場合があります。Postmanでは、ログイン時に送られてきたトークンを保持して、他のAPIリクエストで使いまわすと言うことができ
Postmanでログイントークンを環境変数に保存する
Postmanで取得したログイントークンを保存するAPIではログイン時に取得したトークンをリクエストにつけて送る場合があります。Postmanでは、ログイン時に送られてきたトークンを保持して、他のAPIリクエストで使いまわすと言うことができ

コメント